冷えを改善

家の断熱性を高めることが大切です

床暖房にするリフォームは人気があります。床がぽかぽかと暖かい、気持ちがいいなどの利点があります。しかし、床暖房は室温そのものを上げるわけではないので、室温が低いと寒いと感じてしまう場合もあります。床暖房にリフォームする際には、家の断熱性に注意することが必要です。古い家では窓枠などの断熱性が弱いことがあります。そのため温かい空気が逃げてしまいます。窓サッシの断熱性を高めるために、床暖房のリフォーム時に窓サッシの交換も行うと温かい空気が逃げなくなります。また古い一戸建ての場合などは、窓はもちろんですが、床下からの冷気の侵入を防ぐ対策が必要です。また壁に使われている断熱材の見直しもします。必要であれば壁の断熱材の交換も行うといいでしょう。床暖房は人気ですが、古い家では断熱効果を高めるリフォームも同時に行うことが必要になります。

床暖房のリフォームにはいろいろな工法があります

床暖房にリフォームする際には、いくつかの工法があります。床下に電気で暖めるシートを敷く方法があります。これは工事費用は安いのですが、電熱器を使用しているのと同じように電気代がかかります。キッチンや洗面所といった狭い面積の床暖房には適していると言えます。リビングなどの広い面積を床暖房にリフォームする場合には、ボイラーで暖めた水を床下のパイプに循環させる方法が一般的です。ボイラーを使用する際に、電気にするかガスにするかで違いが出ます。床下にパイプを通す工法では、フローリングと一体型になっている工法もあります。畳の部屋をフローリングのリビングに変えたり、古いフローリングを新しくする際には、床暖房と一体型のフローリングにすると費用も安く工期も短くてすみます。

Copyright © 2015 ふすまなどで日本の雰囲気を出す~床暖房も入れ暖かい住宅に~. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com